産地で選ぶ『コーヒー』のススメ

BBQスイーツ
この記事は約3分で読めます。
coffee-917613_1920

キャンプしながら飲むコーヒー。BBQ後の口直しに楽しむコーヒー。美味しいですよね♪

最近のインスタントコーヒーはとても美味しく、器具にこだわってパーコレーターやマキネッタで抽出している方もちらほら見かけます。コーヒーは焙煎や抽出方法、温度や湿気、様々な条件で風味の変わる味わい深い飲み物です。そんな中で今回は器具の紹介ではなく、産地別のコーヒー豆の特徴をご紹介します!

産地のよって「苦味」「酸味」「風味」が違う

コーヒーには「苦味」「酸味」「風味」の他に「コク」「ボディ」など色んな表現方法がありますが、今回は馴染み深い「苦味」「酸味」「風味」の3種でご紹介します!

各大手チェーンの代表的な豆も合わせて!

THE・バランス豆の中南米産コーヒー

RIO

コーヒーの産地といえばまず中南米でしょう。ブルーマウンテンはジャマイカにある山脈の名前で800m~1,200mの標高限定の豆のブランド名です。ブラジルやグアテマラ、コロンビアが特に有名な産地ですね。中南米のコーヒーは程よい酸味と苦味のバランスが取れており、飲みやすいコーヒーが多いです。ハチミツやチョコレート、ナッツのような甘みがあり、上品な味わいが特徴です。

 

<コーヒーチェーン店の中南米産コーヒー>

スタバ:グアテマラアンティグア

タリーズ:ブラジルファゼンダバウ

まさにコーヒーチェリー・アフリカ産コーヒー

kilimanjaro

コーヒーの発祥地エチオピアがあるアフリカ。キリマンジャロ山脈があるのもアフリカのタンザニアです。アフリカのコーヒーの特徴は何といっても突き抜ける酸味と香りです。コーヒー豆はコーヒーチェリーと呼ばれる実の種を焙煎してできるのですが、アフリカ産はその由来通りのフルーツのような味わいを楽しむことができます。対して苦味は少なめ。コーヒーの花や実の香りを楽しむならアフリカ産一択です!

<コーヒーチェーン店のアフリカ産コーヒー>

ドトール:キリマンジャロ

タリーズ:キリマンジャロ イロンバ

その風味は大地の味・東南アジア産コーヒー

asia

東南アジア産で有名なコーヒーはスマトラ島やトラジャ島、ジャワ島です。酸味が少なく苦味と独特な風味が特徴です。スマトラ島のアラビカ種は「マンデリン」と呼ばれ、穀物や麦の様な香ばしさ、土っぽさを持つ大地の恵みを感じられるコーヒーです。タイのカーフェーポーランやベトナムコーヒー等、様々な楽しみ方があることも特徴の1つです!

<コーヒーチェーン店の東南アジア産コーヒー>

タリーズ:モカジャバ(インドネシア+エチオピア)

スタバ:コモドドラゴンブレンド

おわりに

以上、簡単にご紹介しましたが、コーヒーは産地によって味わいが大きく違います。中南米はバランス!アフリカは酸味!東南アジアは苦味!BBQの後に楽しむならアフリカ産の香り豊かなスッキリしたコーヒーが個人的にはお勧めです!豆の煎り方やお店で買う時の挽目調整、キャンプやBBQで抽出しやすい器具のご紹介も今後致しますのでお楽しみに♪

タイトルとURLをコピーしました