色味も味も最高!バーベキュー場で使える『カボチャ』のレシピをご紹介♪

BBQ野菜
この記事は約5分で読めます。
marius-ciocirlan-T9pdHqCsyoQ-unsplash こんにちは、URBAN EARTH BBQです!
「カボチャ」は、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類を多く含み、栄養素が高く、緑黄色野菜に分類されます。

今回は、「カボチャ」の歴史と「カボチャ」を使ったオススメの簡単BBQレシピをご紹介します!

『カボチャ』とは?

カボチャは夏から秋にかけて果実を収穫します。世界中で栽培されており、品種は非常に沢山あります。このうち、現在日本で栽培されているものは大きく分けて日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃの3種類があります。

栄養素の高いカボチャはビタミンAを豊富に含み、皮は硬いものの、長時間煮ることで柔らかくして食べることもできます。調理法によって様々な食べ方が楽しめる食材ですね♪

サツマイモと同様に、カボチャにもデンプンを糖に分解する酵素が含まれているため、貯蔵によって、あるいは、低温でゆっくり加熱することによって甘味が増します。(※収穫直後よりも収穫後、約1か月頃が糖化のピークで食べ頃となります。)

甘みの強い品種は、お菓子作りにも向いており、パンプキンパイやプリンなどに加工されます。フランスではスープの材料として使われることが一般的で、アルゼンチンでは中をくりぬいたカボチャにシチューを入れ、器までも美味しくいただける料理もあります。

『カボチャ』の栄養について

カボチャは代表的な緑黄色野菜のひとつです。
カロテン、ビタミンB群を多く含み、特に西洋カボチャにはビタミンCも豊富な上、カロテンはホウレン草に匹敵するほど含まれています。また食物繊維も豊富に含まれているため、 便秘の予防や改善に役立ちます!

※B-カロテンには、抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています!すごいですね♪

 

BBQで『カボチャ』がオススメの理由

焼き・蒸し・煮込み・・・薄くスライスしてそのまま焼くのも良し、中をくりぬいて様々なアレンジができるのもカボチャの魅力ですね!色味も鮮やかなので、BBQを華やかにしてくれる野菜のひとつ!甘みもあり、メインやデザートにもなるカボチャは子どもたちからの人気が非常に高いです。

 

下ごしらえポイント!
カボチャは火が通りにくい野菜なうえ、生のままで焼くと固くなってしまうことも・・・。
事前に準備できる方必見!下ごしらえの方法をお伝えします。
カボチャをよく洗い、ワタを丁寧に取り除いたらスライスし、レンジで2分程温めて下さい!その後は十分に冷ましてからジップロックに入れ、冷蔵庫の野菜室で保存をするだけ!これで下準備完了です♪ karalina-s-8V7ymFP8-0M-unsplash

『カボチャ』を使ったBBQレシピをご紹介

カボチャのホイル焼き

 所要時間:約10分
【材料】 ・カボチャ 中くらいの1/4
・バター(マーガリンでもOK) 一片
・塩 少々 【作り方】
①カボチャを適当なサイズに切り、中のワタと種を取り除く。
※硬いので注意しながら切りましょう。
②アルミホイルにカボチャを包んで、BBQコンロの上にのせる。
③5分~10分したら、バターと塩を投入。
しばらく様子を見ながら、串を刺し、スッと通れば出来上がり。

丸ごとカボチャのホイル焼き

12d62b26b15d6dc24f20faef9c230bc7

出典:クックパッドmoco941さん

 所要時間:約40分
【材料】 ・カボチャ1個
・ブロックベーコン
・とろけるチーズ
・コンソメキューブ1個
・生クリーム
・アルミホイル

 

【作り方】
①カボチャを水で洗い、拭わずにラップでくるんで、レンジで5分程温める。
②カボチャのへたの部分をまっすぐきれいに切り、中のワタや種を取り出す。
(前の日にここまでしておくと良いでしょう!)
③中に材料をすべて入れ、切ったへたで蓋をし、アルミホイルで包む。
④BBQグリルの炭の真ん中を空けて円形にし、中心部にかぼちゃを置き、BBQグリルの蓋をする。
⑤中火で40分ほど焼き、かぼちゃに楊枝や竹串などをさして、スッと串が通るようになったらできあがり。
※焼き時間はかぼちゃの大きさにより、様子をみながら調整してください。

アレンジレシピ

1. 中身をくり抜いたカボチャのみを蒸し焼きにし、真ん中にカマンベールチーズを入れます。
それをアルミホイルで包み、チーズがとろけるまで焼いたら、カボチャでチーズフォンデュの完成です♪スプーンでチーズをつけながら、かぼちゃをすくって食べて下さいね!

カボチャスープ

pumpkin-soup-1685586_640 所要時間:約15分
【材料】 ・カボチャ 1/4個
・牛乳 400cc
・固形コンソメ 1個
・バター 5g
・水 1・1/2カップ

【作り方】

①カボチャを適当なサイズに切り、中のワタと種を取り除く。
②キャンプ用などの鍋を使い、カボチャと水を入れる。
※水はカボチャがかぶるくらい。少な目の方が良い。
③10分間蓋をして煮込む。少しだけつぶして火の通りを確認する。
※少し水っぽさが残る程度。
④コンソメを投入し2分くらい火にかける。(溶け切らなくても大丈夫)
⑤火から取り出し、柔らかくなったカボチャを木べらなどでつぶし、ペースト状にする。
⑥ペースト状になったら牛乳を入れる。
※濃い目なので薄いほうが好きな人は牛乳多めで作るとOK。
⑦再度、火をつけ温める。
温まったらお好みでマーガリンかバター、塩コショウを入れる。
⑧最後にパセリなどをのせると出来上がり。

マシュマロパンプキン

baking-4130764_640 所要時間:約60分
【材料】 ・ジャイアントマシュマロ 1袋
・カボチャ
・ハニーバター

 

【作り方】
①カボチャの芯を切り抜き、中の種とワタをスプーンで取り除く。
※切り抜いた芯は、蓋として使うので捨てない
②マシュマロを①のカボチャの中にぎっしりと詰め込む。
③ハニーバターを②の上にのせ、①で切り抜いたカボチャの蓋をのせる。
④輪っかにしたアルミホイルをダッチオーブンの底へ敷き、③をのせる。
※アルミホイルを敷くことで、焦げ付きを防げる。
⑤ダッチオーブンの蓋をして、1時間ほど焼き上げれば出来上がり。

アレンジレシピ

1. カボチャの中身にバターやはちみつをいれ、同様に蒸し焼きにします。火が通ったのを確認したら、バニラアイスクリームなどを添るとまた違った味が楽しめます♪

まとめ

みんなが大好き『カボチャ』!

コンロの上で焼くだけだったカボチャが、BBQの主役にもなりうるレシピをご紹介しました!

栄養素も高く、BBQに必須の彩りにもばっちりなカボチャ。ぜひ一工夫してBBQを盛り上げて下さいね♪

タイトルとURLをコピーしました